HOME > コラム・不動産鑑定評価をもっと良く知るために > 相続に関係する不動産鑑定評価

相続に関係する不動産鑑定評価

不動産鑑定評価は不動産を売却する時などに実施しますが、相続に関係する時にも必要となってきます。
不動産は現金とは違い、そのままでは等分割することは不可能です。
また、相続される際不動産の評価によって納税額が左右されますが、
不動産業者による価格査定は業者ごとで査定の幅が大きく変わる場合もあり、信用に足りません。
適正な評価を受けられなかった場合、
本来納めるべき相続税よりも多く払ってしまうことにもなりかねないのです。
不動産鑑定評価は資格を持った不動産鑑定士が行うため、公正かつ適正な評価が受けられ、
遺産の分割も問題なく行われることでしょう。
こちらでは、不動産を相続する際に関して不動産鑑定評価がどのように関わってくるのかご紹介します。

相続や贈与、売却などの際に行う不動産鑑定評価です。不動産は様々な要素が絡み合って価値が決められます。運用には専門家である不動産鑑定士の鑑定と適切なアドバイスが不可欠です。

・・・つづきはこちら

不動産鑑定評価の内容次第では節税対策にも効果があると言われています。相続の中には当然不動産も含まれますが、不動産価値次第では相続税が大幅に増えてしまう可能性があるのです。

・・・つづきはこちら

不動産鑑定評価と時価は相続に大きな影響を与える基準です。しかし実際に相続が発生するまでは正確な価値は分からないので、信頼ある不動産鑑定士による正確な不動産評価が必要になります。

・・・つづきはこちら

相続した土地などの不動産鑑定評価で、不動産価格を形成する要因として個別的要因を重要視するようになってきています。これは不動産の本来の実力を基本として取引する風潮になったためです。

・・・つづきはこちら

不動産の鑑定評価に当たっては、不動産鑑定評価上の種別と類型に応じた分析が行われます。自分が相続した土地が一体どの種別と類型に該当しているか最低限知っておく必要があると思われます。

・・・つづきはこちら

不動産鑑定評価の内容に関して担当の不動産鑑定士以外の不動産鑑定士に意見を求めることがセカンドオピニオンです。不動産鑑定評価書の正確性、合理性を検証するためには有効な手段です。

・・・つづきはこちら

土地を相続した場合、土地の形状がいびつなど、住宅として使用するには不便または改良の必要がある場合は減額要因となります。正しく不動産鑑定評価を下げることで相続税を大幅に節税できます。

・・・つづきはこちら

相続の際に広大地判定を受ければ最大60%も土地の時価が下がり、相続税も節税できます。広大地判定は不動産鑑定士が作成した広大地意見書の有無が判定の可否に大きく影響します。

・・・つづきはこちら

土地には9種類の地目があります。地目により土地評価の単位や評価方法が異なります。登記上の地目と現況が異なる場合は相続税の計算に差が生じるので実地調査による不動産鑑定評価が有効です。

・・・つづきはこちら

相続財産が不動産のみの場合、不動産の価値に応じた金額を取得する代償分割という方法があります。代償分割の場合、相場で金額を決めると差が生じるので不動産鑑定評価による分割が有効です。

・・・つづきはこちら

親族間売買をして相続税対策を行う例も少なくないでしょう。その際にも不動産鑑定評価はとても役立ちます。不動産鑑定評価は価格の正当性を示す証拠になるので、活用してください。

・・・つづきはこちら

不動産鑑定評価は様々な場で重要視されますが、相続税対策を行う際に是非活用したいものです。現金などよりも不動産の方が評価額が低くなるので、その方法で税金対策できるかもしれません。

・・・つづきはこちら

小規模宅地等の特例という制度を活用できると、相続税対策が可能になります。不動産鑑定評価額の減額割合はケースによって異なります。この制度を是非とも活用したいです。

・・・つづきはこちら

広大地の相続は土地評価額が下がるので有効な節税対策になります。広大地は不動産鑑定評価に基づく3条件を満たせば認定されますが、不動産鑑定評価と税務署との交渉はプロに任せましょう。

・・・つづきはこちら

相続税は、相続財産の額から基礎控除額を差し引いた残額を法定相続の割合で分割し、税率を掛けて算出します。相続税対策として、相続した土地に賃貸物件を建設すると評価額が減らせます。

・・・つづきはこちら

相続税対策(節税)をする目的で賃貸住宅や貸しビルを建築することもありますが、不動産鑑定評価もうまく利用して評価額をしっかりと把握したいです。不動産鑑定評価はとても大事です。

・・・つづきはこちら

相続税対策を行う方も多いと思いますが、その時に知っておきたいのが分筆や不動産鑑定評価についてです。土地の適切な評価額を出すためにも、これらについて理解しておきましょう。

・・・つづきはこちら

土地を現物分割する際、面積数で相続人の数に応じて分割しますが、方角と位置などによって土地の価値は異なります。第三者として不動産鑑定評価を参考に平等に分割するのが得策です。

・・・つづきはこちら

不動産鑑定評価を行うことによって、場合によっては大きな節税効果が得られそうです。相続税は大きな負担になりますからおすすめです。申告の手順とともに覚えておきたいです。

・・・つづきはこちら

不動産物件を被相続人から譲り受けると、評価額次第では相続税の支払い義務が生じるでしょう。それを避けるために生前に法人化し、その会社にあらかじめ名義を移しておくことが重要です。

・・・つづきはこちら

不動産鑑定評価はあまり耳にしませんが、相続税対策を投資用不動産を用いて行っている人にとっては、非常に重要なものとなります。プロに相談をすることも検討したいです。

・・・つづきはこちら

相続税対策をする目的で不動産鑑定評価を行うケースは枚挙にいとまがありません。特に農地であったり山林などの辺鄙なところであれば、積極的に不動産鑑定評価をすべきです。

・・・つづきはこちら

相続税対策でアパートを建てる場合、土地の評価が下がるなどのメリットがありますがデメリットもあります。不動産鑑定評価は専門家の適切で正確なアドバイスは欠かせません。

・・・つづきはこちら

遺産相続の手続きにはポイントがあります。また、遺産分割が成立した後に遺言が見つかった場合は、無効となります。不動産の相続は、建物の価値を知るため不動産鑑定評価を依頼しましょう。

・・・つづきはこちら

土地の相続をする場合には不動産鑑定評価をきちんとしてもらうこと、銀行でその土地が根抵当権が付けられていないかといった確認点があります。相続の権利関係は複雑で前もって調査が必要です。

・・・つづきはこちら

相続の際に起こりうる争いを、あらかじめ防止するためにも不動産鑑定士による、不動産鑑定評価を利用しましょう。公平な分割協議をして、争いを回避するためにも正確なデータは助けになります。

・・・つづきはこちら

2016年4月に、税制改正により空き家や敷地を売却しやすいようになりました。売却期間や様々な条件があるため、制度についてよく知ることが大切です。特別控除は事前にしっかり調べましょう。

・・・つづきはこちら

マンションを建てて相続税対策を行うこともありますが相続税評価計算に関しては事前に把握しておくべきです。路線価を使用して計算をすることもあり計算方法などルールを勉強しておきましょう。

・・・つづきはこちら

相続税の減額をするために不動産鑑定士に不動産鑑定評価を依頼する例も多く、結果的に相続税の節税が可能になったというケースもあります。評価方法は複雑なため、専門家に任せるべきでしょう。

・・・つづきはこちら

地主から土地を借りていると借地権が発生しますが、相続の際に借地権も同時に相続することがあります。必要に応じて相続税を支払う義務があるので不動産鑑定評価を行いたいです。

・・・つづきはこちら

重要文化財を相続することはとても珍しいですが、相続した際には不動産鑑定評価を行い正しい価値を算出してください。7割の控除が受けられますが、不動産鑑定評価が不可欠といえるでしょう。

・・・つづきはこちら

相続時精算課税制度はやり方次第ではとてもメリットのあるシステムで、節税効果が期待できます。メリットもデメリットも両方あります。不動産鑑定評価を参考にするのも良いでしょう。

・・・つづきはこちら

相続の取得者になると、税務署や裁判所への手続きが必要になるケースがあります。広大地だと税額も変わってきますし賢く不動産鑑定評価をしてもらい適切な評価を依頼したいです。

・・・つづきはこちら

タワーマンションは市場価格と比べて地価が安い為、相続の節税対策として販売されているケースがあります。平成30年に法律改正があるため、不動産鑑定評価や評価額にも影響がありそうです。

・・・つづきはこちら

不動産鑑定評価書は、様々な不動産に関して必要な書類です。遺産として不動産を相続するケースも必要であり、賃貸借する場合や不動産を売買する時も金額のベースになります。

・・・つづきはこちら

不動産投資の手段として駐車場経営をしている人が亡くなると、相続人が駐車場の相続を行うでしょう。その際には不動産鑑定評価をきちんと行い、正しい評価額を割り出すことが大切です。

・・・つづきはこちら

相続時の悩みの中に相続税の問題があります。この金額を算出するためには、不動産鑑定士による不動産鑑定評価が不可欠でしょう。貸家が空き家になっている際の計算時にも評価額は使用します。

・・・つづきはこちら

相続する財産の中に私道がある場合にも、不動産鑑定評価をしてみましょう。住宅など他の不動産と違った評価方法となるので、専門家でもある不動産鑑定士に評価を依頼してください。

・・・つづきはこちら

店舗兼住宅を相続する際には、居住面積を判定して配偶者控除を受けることができるかを判断します。不動産鑑定評価を依頼することで判定を行うことができ、相続をスムーズに行うことができます。

・・・つづきはこちら

相続と遺贈では、贈与をする際に発生する税金に違いがあり、遺贈をする方が税金が高くなります。不動産の遺贈を受ける場合には、不動産鑑定評価をすることができる業者に相談しましょう。

・・・つづきはこちら

不動産の相続をする場合に、対象となる不動産の評価額を出すことができるのが不動産鑑定士による不動産鑑定評価です。鑑定の方法や流れを知っておくことで依頼もスムーズになります。

・・・つづきはこちら