底地物納の準備

相続は突然発生する場合もあります。底地物納の準備について説明します。

底地物納には、境界確認書等の書類が必要です。
底地所有者は、先祖から代々引き付いてきた方が大半で、賃貸条件が曖昧だったり、賃貸面積や境界の確定がなされていないなど、管理が十分整理されていないケースがあります。

しかし、物納するためには、相続税の申告期限までに申請予定地について境界立ち会いを行い境界確認書等の必要書類を整えておく必要があります。
つまり、相続発生前に物納を想定して、物納の適格要件の整備が完了していれば、相続が突然発生しても安心です。

底地物納に備えておく事項は以下の通りです。
・ 土地境界確定測量を行っておき、境界確認書を取得しておくこと
・ 底地ごと、利用区分ごとに土地分筆登記を行っておくこと
・ 公簿と実測が異なれば、地積更正登記を行っておくこと
・ 境界線上の越境物があれば、処理をしておくこと
・ ブロック塀等の所有の明確化
・ 登記事項の整理
・ 賃貸条件の整備
などがあります。

なお、物納のための整備費用は、その不動産から地代等の収入が生じていれば、不動産所得の必要経費に算入することができるので、生前中に測量等を行っていれば、節税にもなります。



  • 前に戻る 『底地が物納に最適な理由とは』


大増税時代に備えましょう!
税理士・会計士のための相続不動産調査サービス 税理士・会計士のための相続不動産調査サービス 広大地に関する意見書をサポート 広大地に関する意見書をサポート 不動産の遺産分割をサポート 不動産の遺産分割をサポート 同族会社間等の不動産売買における税務対策をサポート 同族会社間等の不動産売買における税務対策をサポート 無料概算評価サービス 無料概算評価サービス 星土地家屋調査士事務所 星土地家屋調査士事務所

弁護士・会計士・税理士事務所様等の各士業様と提携しております。

各士業様との提携について

東京システム鑑定は、お客様の不動産を正しく評価するプロ集団です。不動産鑑定のご相談はぜひ私たちにおまかせください!

フリーダイヤル 0120-519-513

お問い合わせ・ご相談はこちらまで