HOME > コラム・不動産鑑定評価をもっと良く知るために > 資産を適正評価する不動産鑑定士について

資産を適正評価する不動産鑑定士について

不動産鑑定士は、法律に基づき不動産の経済価値についての鑑定評価を行う、高度専門家です。
不動産の鑑定評価は、不動産鑑定士の独占業務です。
そのため、無資格者がこれを行った場合は刑事罰の対象となります。
私たち東京システム鑑定では、経験豊富な不動産鑑定士が様々なケースに応じて適切かつ確実な鑑定評価を行い、
これまでにも各方面で堅固な信頼関係を築いてまいりました。
たとえば、不動産の資産価値を証明する不動産鑑定書は、公的な場面において最も信頼性の高い資料となるものです。
賃料交渉時のみならず、訴訟や申告、担保などの審査時には根拠ある証書として欠かせないものになります。
こうした鑑定書の作成をはじめ、高度な知識と経験が不可欠な不動産問題の解決に真正面から取り組むことが、
私たち不動産鑑定士の社会貢献であると考えます。大切な不動産の適正評価や価値の算定には、ぜひ実績ある専門家を味方につけ、一日も早い問題解決を目指してください。

不動産鑑定士は、不動産鑑定評価を独占して行う専門家です。鑑定評価を無資格者が行えば刑事罰の対象となります。東京システム鑑定では、経験豊富な不動産鑑定士を揃えています。

・・・つづきはこちら

不動産鑑定書とは、不動産の概要や賃貸借契約の内容、評価手法などを記し、現行賃料の妥当性を評価した資料です。裁判所や税務署、金融機関などへも不動産鑑定書の提出が必要です。

・・・つづきはこちら

一般の人が土地の価格を調べるには公的資料で、実勢価格や相続税路線価や固定資産税路線価などを調べる方法がありますが、正しい価格は、プロである不動産鑑定士に評価してもらう必要があります。

・・・つづきはこちら

不動産鑑定士は難易度の高い国家資格です。不動産鑑定は適正価格を評価するという仕事に留まらず、依頼者のさまざまなニーズに応え、不動産の有効活用のためにさまざまな能力を発揮しています。

・・・つづきはこちら

土地選びには、注意すべきポイントがありますが、実際の土地の取引価格は素人には見えづらいのも事実。そこで、プロの不動産鑑定士を味方につけるのが一番失敗しない方法でしょう。

・・・つづきはこちら

不動産鑑定士とは不動産の価値を知りたいときに最も頼りになる存在です。どこに依頼するかを決める際には、鑑定士の実績や実務年数、人柄などを考慮して、信頼できる人物にお願いしましょう。

・・・つづきはこちら

不動産鑑定評価とは、お持ちの不動産の正しい評価を知るために必要な技術です。不動産が現状で持っている価値をあらわすためには、経済に照らし合わせた客観的な判断を行うことが不可欠です。

・・・つづきはこちら

広大地は一般的な宅地用地と比べてみて著しく大きなもの、道路などのインフラや公共施設の負担が必要なものを指します。広大地を相続する場合には、複雑な判断基準を経過する必要性があります。

・・・つづきはこちら

不動産鑑定士は独学での合格が難しいといわれていますが、二次試験である論文式試験は非常に難解なことと、独学するには一般書籍では解説が足りないためという理由が挙げられます。

・・・つづきはこちら

不動産鑑定士と不動産業者は法律によって、取得する免許と行える業務の違いがあります。そのため不動産取引に関することは不動産業者が、鑑定評価については不動産鑑定業者が行っています。

・・・つづきはこちら

競売物件が安い理由についてです。入札前に部屋の中を見ることができないため、また購入後の物件のリスクは買主が負担しなければならないなど理由があり、競売物件は大変安くなっています。

・・・つづきはこちら

不動産を売却する場合、売り出し価格は高すぎても安すぎても納得できる売買にはなりません。売却する前に不動産鑑定士に鑑定評価書の作成を依頼して、適正評価を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

分割や現金化しづらい不動産を相続した場合、相続税や固定資産税の支払いで悩ませれますが、不動産鑑定士なら相続した不動産を適正に評価し相続税などアドバイスを貰うことができます。

・・・つづきはこちら

家など不動産はあらかじめ不動産鑑定評価で適正な価値を知っておいたほうが取引をする際に有利となります。不動産鑑定士が評価を出す際に基準とするのが「不動産鑑定評価基準」です。

・・・つづきはこちら

弁護士・会計士・税理士事務所様等の各士業様と提携しております。

各士業様との提携について

東京システム鑑定は、お客様の不動産を正しく評価するプロ集団です。不動産鑑定のご相談はぜひ私たちにおまかせください!

フリーダイヤル 0120-519-513

お問い合わせ・ご相談はこちらまで