HOME > コラム・不動産鑑定評価をもっと良く知るために > 不動産鑑定評価の基礎知識と特徴

不動産鑑定評価の基礎知識と特徴

不動産鑑定評価には主に正常価格と限定価格、
そして特別価格の3種類があります。
正常評価とは市場価格を基準とした
合理的な価格を提示するものであり、
一般的にはこの正常価格が表示されています。
またこの不動産鑑定評価を利用することで
所有する不動産の価値を知ることができ、
現在の不動産の市場価格を把握することができるのです。
これは不動産売買、遺産相続、担保などに主に活用されており、
不動産を所有する方には欠かせない鑑定内容と言えます。
また売主である場合には所有する不動産の価値を把握して、
この賃金を請求するために活用することも可能です。
ここでは不動産鑑定評価に関する基礎知識から特徴まで、
具体的なポイントについてご説明していきます。

不動産鑑定評価には主に正常価格と限定価格、そして特別価格の3種類があります。それぞれに不動産鑑定評価の内容が異なっていますが、その内容はどう異なっているのか説明します。

・・・つづきはこちら

取引時点の価格が市場価格と比べて変動していた場合、価格の修正が行われることがあります。これは時点修正と呼ばれ、対象となる不動産に対しては市場の価格と照らし合わせて調整されます。

・・・つづきはこちら

不動産鑑定とは不動産や土地に対して一定の市場価格、もしくは適正と思われる価格を判定するものです。この不動産鑑定評価は国土交通省が定めている不動産鑑定業者が鑑定を行います。

・・・つづきはこちら

不動産にまつわる用語に「無料査定」と「鑑定評価」というよく似た言葉が存在します。これらは目的や分析方法に大きな違いがあるため、信頼性を求めるのであれば、鑑定評価の利用がお勧めです。

・・・つづきはこちら

土地評価と不動産鑑定評価は、不動産の評価方法という意味では共通点が多いものの算出方法や目的の面で様々な違いを持っています。違いを理解し目的に合った不動産の評価依頼をしましょう。

・・・つづきはこちら

条件が個別に異なる不動産の価格形成には、一般的要因、地域要因、個別的要因などの要因を勘案する事が必要になります。信頼性の高い価格を知りたいなら不動産鑑定評価士への依頼がお勧めです。

・・・つづきはこちら

賃貸物件を所有している場合、更新時などに借主から「賃料を下げてほしい」という交渉を受けることがあります。このような際には、不動産鑑定評価を利用して、反論の余裕を持つことが大切です。

・・・つづきはこちら

広大地等、特殊な土地を所有している場合は、不動産鑑定評価を受けることで大幅に相続税をおさえられる可能性があります。いざというときに困らないよう、事前の検討を行いましょう。

・・・つづきはこちら

離婚を考えているときには、財産分与を行う必要があります。特に不動産を分与する際には、正確な価値を知ることが肝要となりますので、プロによる不動産鑑定評価を受けましょう。

・・・つづきはこちら

企業間で取引を行う際には相手が信用できるか調べるための信用調査が行われます。不動産は会社の資産の一つであり、不動産鑑定評価は相手の資産内容が安定したものであるかが測れます。

・・・つづきはこちら

不動産現物出資は現金の代わりに不動産で出資をすることです。会社設立のために不動産現物出資をするには、客観的に見て正しいと判断できる不動産鑑定評価を受ける必要があります。

・・・つづきはこちら

REITとは、投資家から資金を集めて不動産を購入し、利益を投資家に分配するという投資制度のことです。不動産鑑定評価はその投資する不動産の価値を正当に評価するために必要なものです。

・・・つづきはこちら

ローンを組む時には担保が必要となる場合が一般的ですが、自身が所有している不動産を担保にするときには不動産鑑定評価を受け、不動産の担保価値がどれくらいあるのかを判断しましょう。

・・・つづきはこちら

財団法人を設立するときには、寄付行為において、出資財産の適正価格証明が必要になります。不動産鑑定士による不動産鑑定評価書は、適正価格の証明書として機能する大切な書類なのです。

・・・つづきはこちら

アベノミクスによる好景気により企業買収・売却が盛んになっています。企業買収・売却では、会社の価値をどう評価するかがポイント。不動産鑑定評価は企業価値を算定するために必要なのです。

・・・つづきはこちら

相続財産のほとんどが不動産である場合には、不動産の評価金額によって税額が大きく異なってきます。払いすぎた場合でも、還付請求をすることで差額が戻ってきますので安心です。

・・・つづきはこちら

共同ビルを建設するときには、権利関係が複雑になります。後で面倒なトラブルが起きないためにも、不動産鑑定士による不動産鑑定評価を行い、権利調整することが必要です。

・・・つづきはこちら

不動産鑑定では、単なる不動産の価値を調べるだけでなく、賃貸借における賃料や一時金などの金額についても正当であるかどうかを評価してもらえますので、適性な契約が結べます。

・・・つづきはこちら

不動産は一物四価とも五価ともいわれ、適正な価格が非常に分かりにくいという特徴があります。これを評価する方法のうち、不動産鑑定評価と固定資産税評価について紹介します。

・・・つづきはこちら

不動産鑑定評価においては、さまざまな地価形成要因を考慮に入れて土地評価を行なうことが必須となります。この際に用いられる格差率という言葉の内容について紹介します。

・・・つづきはこちら

不動産鑑定士が行なう不動産鑑定評価には一定の基準があります。そのうち不動産の収益性をベースにして評価するのが収益還元法です。ここで重要な役割を果たす還元利回りについて説明します。

・・・つづきはこちら

弁護士・会計士・税理士事務所様等の各士業様と提携しております。

各士業様との提携について

東京システム鑑定は、お客様の不動産を正しく評価するプロ集団です。不動産鑑定のご相談はぜひ私たちにおまかせください!

フリーダイヤル 0120-519-513

お問い合わせ・ご相談はこちらまで