HOME > コラム・不動産鑑定評価をもっと良く知るために > 相続に関係する不動産鑑定評価 > 相続で不動産鑑定評価をするメリットとは

相続で不動産鑑定評価をするメリットとは

● トラブルに繋がりやすい遺産 トラブルに繋がりやすい遺産

相続では様々な問題が発生します。
兄弟同士で誰がどのくらい受け継ぐのか、揉めることも少なくありません。
遺産がお金のみであれば、割合を決めて分配するだけですが、お金以外の遺産があった時、分けたくても分けられないといった問題があります。
例えば、土地や建物です。
売却した値段を割合通りに分配するのも一つの方法ですが、それは真の価格ではないため、損をするかもしれません。
なぜ真の価格ではないかというと、業者が簡単な方法で査定をしたものだからです。
市場価格は需要と供給の関係や当事者の間で、それぞれの要望が強くなり、本来の価値で取引されることはありません。
客観性もなく法廷でも効力のあるものとはならいため注意してください。
では、どのように見極めると良いのでしょうか。
それは、不動産鑑定評価です。
メリットを知った上で、相続時に役立てましょう。

● 利点を知っておこう 
利点を知っておこう
税理士に依頼することもありますが、それは相続申告の業務の一環であり、不動産の経験が少ない専門家が多いため、適切な時価を求めることができません。
万が一、税理士の能力不足により過大に評価されてしまっては、大きな損害をかぶることになります。
実際に、税理士が路線価などを絶対的なものだと思い込んで安易な判断をし、納税者が莫大な損害を被って裁判にまで発展したケースも少なくありません。
分割や遺留分減殺請求、分与などは、本来の時価を割り出すことが大切ですが、知識のない人は路線価だけで簡単に決めてしまい、混乱しているのが現状です。
しかし、どのように回避するべきなのか分からない人も多いでしょう。
自分で調査をしたくてもできません。
解決策は不動産鑑定評価士にお願いをすることです。
不動産鑑定評価のメリットは唯一、真の時価を見極めることができる専門家が評価するという点です。
市場性や費用生、収益性の3つの観点から市場調査を行い、客観的に分析していくため、法的な効力もあります。
売却するときも価格の参考になるでしょう。
このようなメリットを知った上で、依頼してみてはいかがでしょうか。

弁護士・会計士・税理士事務所様等の各士業様と提携しております。

各士業様との提携について

東京システム鑑定は、お客様の不動産を正しく評価するプロ集団です。不動産鑑定のご相談はぜひ私たちにおまかせください!

フリーダイヤル 0120-519-513

お問い合わせ・ご相談はこちらまで