HOME > コラム・不動産鑑定評価をもっと良く知るために > 相続に関係する不動産鑑定評価 > 相続時に貸家の空き家は不動産鑑定評価はどうなるのか

相続時に貸家の空き家は不動産鑑定評価はどうなるのか

● 駐車場の相続の際には不動産鑑定評価をする 自らが所有する不動産を有効活用して駐車場経営をすることも多いです。
特に都会においては駐車場の需要が非常に高いため、マンションを使った不動産投資など以上にリスクが小さな駐車場経営が支持されています。
また、被相続人が亡くなった際、残された遺産を相続人が引き継ぐことになりますが、駐車場を相続するケースもあるでしょう。
一般的な不動産物件であれば、相続に際して不動産鑑定評価を行い、もっとも自分にとって理想的な相続税額を支払うことになります。
しかし、この方法は駐車場の相続においても同様で、不動産鑑定評価を行うことにより、正しい相続税額を割り出すことが可能でしょう。
駐車場を作ってそれを貸し出している場合に、土地の評価を自分で正しく行うことはとても難しく、その計算結果に信ぴょう性がありません。
そのため、不動産鑑定評価はプロの不動産鑑定士に依頼することがおすすめです。

● 不動産鑑定評価によって駐車場の相続を正しく行う 相続をすることになると、まず気になるのが相続税についてです。
基礎控除があるため、遺産相続が発生しても相続税の支払い義務が生じないことはありますが、不動産を多数所持していた被相続人が亡くなった際には、支払い義務が出てくることも多いです。
また、相続税の支払いの有無に関わらず、駐車場などの不動産を相続した際には、不動産鑑定士による不動産鑑定評価を受けることが望ましいでしょう。
これにより適切な評価額を把握できるので、相続税額の支払いだけではなく、相続人が複数いる際の遺産分割の協議に評価額が活用可能です。
駐車場は様々なタイプがあり、その状況により用いられる計算方法が異なります。
そのため、相続する遺産の中に駐車場がある際には、間違いのないように計算しておくのがおすすめです。
駐車場を相続する際の不動産鑑定評価に関してもTSK東京システム鑑定にお任せください。

弁護士・会計士・税理士事務所様等の各士業様と提携しております。

各士業様との提携について

東京システム鑑定は、お客様の不動産を正しく評価するプロ集団です。不動産鑑定のご相談はぜひ私たちにおまかせください!

フリーダイヤル 0120-519-513

お問い合わせ・ご相談はこちらまで