HOME > コラム・不動産鑑定評価をもっと良く知るために > 相続に関係する不動産鑑定評価 > 相続時に高圧電線が通過している土地の評価について

相続時に高圧電線が通過している土地の評価について

● 高圧電線が通過している土地は相続税が減額される 高圧電線が通過している土地は相続税が減額される
遺産相続で土地を相続される方で高圧電線が通過している土地である場合は、相続税が減額される事実を覚えおかないといけません。
家屋の建築が認められない場合は50%の減額となり、家屋の構造や用途に制限がかかる場合は30%の減額となります。
高圧電線が通過している土地であるかは登記簿や電力会社との契約によって確認ができます。
遺産相続で高圧電線が通過している土地を相続する方は、相続税が減額される事実を知らない場合、余計に相続税を納めないといけません。
正確な土地の評価は今後の生活に大きく影響するものと認識した方がよいでしょう。
さらに、相続を専門としていない専門家に土地の評価を依頼した場合、建築制限の内容を確認せずに30%の減額としてしまうこともあります。
50%の減額となる可能性を捨ててしまうことにもつながりかねないため、適切な不動産鑑定評価を行える専門業者に依頼するのが望ましいです。

● 不動産鑑定評価は種類や用途によって変わる 不動産鑑定評価は種類や用途によって変わる
一般的に不動産鑑定評価は路線評価や土地面積から割り出されるものです。
しかし、土地の広さや周辺の環境によっても評価結果は大きく左右されることを覚えておいた方がよいでしょう。
高圧電線が通過している土地であるのは周辺環境が通常とは異なることです。
不動産鑑定評価が下がる理由になり、相続をする場合の相続税を抑えることができます。
周辺の環境や設備、さらにはどういった目的で使用できる土地であるのは事前に理解しておく必要があります。
種類や用途に応じて不動産鑑定評価が変わる事実をあまり知らない方も少なくありません。
相続を控えている場合、まずは不動産鑑定評価を専門業者依頼することを考えるべきです。
数百万円もの節税ができる場合もあるため、不動産鑑定評価を専門業者に依頼する意味は大きく、後に後悔しないためにはまず相談すべきといえます。

弁護士・会計士・税理士事務所様等の各士業様と提携しております。

各士業様との提携について

東京システム鑑定は、お客様の不動産を正しく評価するプロ集団です。不動産鑑定のご相談はぜひ私たちにおまかせください!

フリーダイヤル 0120-519-513

お問い合わせ・ご相談はこちらまで