HOME > コラム・不動産鑑定評価をもっと良く知るために > 相続に関係する不動産鑑定評価 > 相続から見る二世帯住宅のメリットとは

相続から見る二世帯住宅のメリットとは

● 二世帯住宅の強み 二世帯住宅の強み
二世帯住宅を希望している人が多くなっている理由のひとつが安心感です。
体調不良や防犯などのことを考えたときに、高齢者だけで暮らす世帯よりも安心できるといえるでしょう。
子供世帯からすれば、育児や家事を手伝ってもらえるとともに、急病時における対応も万全となります。
さらに、経済的な理由もないわけではありません。
土地代を抑えることができるとともに、食事や光熱費の負担も分担できて、長期的に二世帯住宅に住むことで節約の度合いは大きくなるものです。
相続から見る二世帯住宅のメリットは大きく多岐にわたっています。
ただ、二世帯住宅を相続するにあたっての問題がないわけではありません。
これは現金とは異なり、簡単に分けることができないからです。
仮にふたりで相続をする場合は、半分に相当する現金を支払う必要があります。
この部分が理由となって相続人同士でトラブルになることも少なくありません。
肝心となるのはやはり当事者同士で話し合いを行っておくことです。

● 不動産鑑定評価の重要性 不動産鑑定評価の重要性
今現在、あるいはこれから二世帯住宅を相続する予定があるのなら、まずは不動産鑑定評価を行っておくのが肝心となります。
具体的に評価額を知ることで、売却するかそのまま住み続けるかの選択がしやすくなります。
そして、不動産鑑定評価を依頼する業者も慎重に選択しないといけません。
これはその不動産の評価は業者ごとに異なるからです。
適正な評価を受けられなかった場合、納めないといけない相続税を多く支払うことにつながります。
専門の資格を持った不動産鑑定士が不動産鑑定評価を行うため、公正で適正な評価を受けることができて、遺産の分割にも役立ちます。
相続税の節税対策として不動産鑑定評価を受けることの意味は大きいです。
種類や用途に応じて不動産鑑定評価が変わるのも注意点であり、二世帯住宅を相続するときには注目すべきです。

弁護士・会計士・税理士事務所様等の各士業様と提携しております。

各士業様との提携について

東京システム鑑定は、お客様の不動産を正しく評価するプロ集団です。不動産鑑定のご相談はぜひ私たちにおまかせください!

フリーダイヤル 0120-519-513

お問い合わせ・ご相談はこちらまで