HOME > コラム・不動産鑑定評価をもっと良く知るために > 相続に関係する不動産鑑定評価 > 成功した不動産鑑定評価の事例について

成功した不動産鑑定評価の事例について

● 失敗しないために成功事例を知っておこう 失敗しないために成功事例を知っておこう
土地を相続する際は、不動産鑑定評価をするのが一般的です。
しかし、初めて相続する人にとっては、どのような方法で不動産鑑定評価をするのかなどよく理解できないことが多いでしょう。
相続は人生のうちに何度も経験するものではありません。
そのため、不動産鑑定評価の方法がわからず、失敗してしまう人もいるのです。
失敗しないためにも、不動産鑑定評価の成功事例を通して、不動産評価の方法を知っておきましょう。
成功事例の一つに、現物出資財産としての評価があります。
フリーランスなど個人事業で行なっている商売の許認可を取得するためには株式会社などに法人化しなければなりません。
その際に、個人で所有していた土地を現物出資するために不動産鑑定評価を依頼した事例です。
現物出資の対象となる土地や不動産の境界が不明瞭であると、現物出資財産としての適格性が疑われてしまいます。
成功したポイントは、GPSを用いた概則や資料収集、ヒアリングなど信頼性のあるものを確保したことです。
専門家でなければ、的確な対応をしたうえで、正しく不動産鑑定評価することは難しいです。
ノウハウに精通し、経験豊富な不動産鑑定評価の専門家に相談しましょう。

● 不動産売却における評価の成功事例 不動産売却における評価の成功事例
2つ目の成功事例は、不動産の売却です。
個人の不動産や会社名義の不動産の売却を検討している人もいるのではないでしょうか。
売却する理由は人それぞれ異なりますが、法人の代表者が出資した賃貸管理会社に移転するために個人の不動産や会社名義の不動産の不動産鑑定評価をした事例があります。
成功したポイントは、CDA設計や修繕計画の立案を専門会社に依頼し、提出だけでなく所有権移転後のメンテナンスの提案や将来の不動産活用を提案したことです。
単に、土地や不動産の評価を行うだけでなく、将来の活用まで提案してくれるような信用できる業者には、安心して任せることができるでしょう。
また、各専門業者に設計や計画を依頼することで、より正確に不動産鑑定評価ができるようになります。
他にも、不動産鑑定評価における成功事例はたくさんあります。
様々な成功事例を知り、相続時における不動産鑑定評価を成功させましょう。

弁護士・会計士・税理士事務所様等の各士業様と提携しております。

各士業様との提携について

東京システム鑑定は、お客様の不動産を正しく評価するプロ集団です。不動産鑑定のご相談はぜひ私たちにおまかせください!

フリーダイヤル 0120-519-513

お問い合わせ・ご相談はこちらまで