HOME > コラム・不動産鑑定評価をもっと良く知るために > 相続に関係する不動産鑑定評価 > 不動産鑑定評価によって相続争いを回避しよう

不動産鑑定評価によって相続争いを回避しよう

● 分割協議の争い 兄弟の中で、親からの相続物の分配に関して、争いが生じるのは回避したい状況です。
そうした争いを回避するためには、前々からきちんと話し合いを持つことが大切になりますが、いくら話し合っても決着がつかない場合や、思いもかけないタイミングで分割協議の話しが飛び込んでくる場合もあります。
こうした際に、不要な問題が生じるのを防止するためにも、専門家の、専門的な分析と意見を聞くことは助けになります。
複数の相続人がいる場合、個々の状況があるので、その相続物を売り、お金にして分配したいという希望の人もいれば、売却してしまうこと自体に反対の人もいます。
このように相続人の間で、意見が割れると、争いが生じる可能性がありますので、問題を防止するために、経験豊富な専門家に相談するようにしましょう。

● 争いを回避 不動産鑑定評価は、不動産鑑定士がおこなえるもので、公的にも通じる不動産鑑定評価額を割り出すことができます。
不動産鑑定評価は不動産屋が独自に行う、不動産査定価格とは違うので気をつけましょう。
この不動産鑑定評価を、きちんとしてもらうことが、相続の際の争いを防止するものとなるのです。
不動産鑑定士は不動産鑑定評価ができるだけでなく、その結果としてどのように相続財産を上手に分割し、争いを回避して配分したかなどの、過去の経験やデータがありますので、事前にモメ事を防止して、上手な解決方法をアドバイスすることもできます。
相続の分割の方法も現物分割、換価分割、代償分割などいくつかの方法があり、ケースバイケースで行われる相続の分割に関して、最も公平感があるものを提案して争いを回避するよう助けることができるはずです。
複数の相続人が関わっている場合や、争いを防止したい場合は、なるべく早く専門家の知恵を借りるようにしたいです。

弁護士・会計士・税理士事務所様等の各士業様と提携しております。

各士業様との提携について

東京システム鑑定は、お客様の不動産を正しく評価するプロ集団です。不動産鑑定のご相談はぜひ私たちにおまかせください!

フリーダイヤル 0120-519-513

お問い合わせ・ご相談はこちらまで