HOME > コラム・不動産鑑定評価をもっと良く知るために > 相続に関係する不動産鑑定評価 > 相続における不動産鑑定評価書の読み方

相続における不動産鑑定評価書の読み方

● 不動産鑑定評価書の読み方のコツ 不動産鑑定評価書の読み方のコツ
相続のときに発生する相続税で、大きく影響される要因に「不動産」の評価額があります。
実は評価額はどの方法によっても同じ金額と考えている人もいるかもしれませんが、鑑定の方法によって大きく金額に差が発生することがあります。
これは、不動産の時価の評価が土地、建物、減価償却による金額の減少や、実際に販売したときの金額はどの程度になるか、路線価の価格変動など、様々な要素が関連するからです。
不動産鑑定評価書では、相続を受けるときに不当に相続税が高く発生しないように、正しい評価を受けるための手続きをしなければなりません。
実は、この依頼の手続きを知らないため、不動産の相続で多額の相続税を負担している可能性があります。
不動産鑑定評価書では、鑑定評価額、鑑定評価の条件、鑑定評価額の決定の理由などの要旨が記載されています。
正しい、相続を受けるためにも、不利益にならない評価書の作成をしましょう。

● なぜその価格になるのかを理解 なぜその価格になるのかを理解
不動産鑑定評価書を読むにあたって重要になるのがなぜその価格になるのかを理解することです。
もちろん、すべてを理解するのは専門家でないと難しいものの、おおよその詳細は把握しておくべきといえます。
その不動産の減価要因を把握しておけば、場合によっては改善することも可能です。
不動産鑑定評価を依頼する目的としては、やはり査定方法や調査方法を適正なものとするためです。
調査や査定された価格の精度は一定ではなく、価格の証明能力として認められません。
いざ相続をするときにどれぐらいの評価額であれば売却するという話し合いになることもあるでしょう。
国家資格である不動産鑑定士だけが不動産鑑定評価を行うことができて、客観的かつ適正な判定をしたうえで発行してくれます。
不動産鑑定評価書の読み方を知るのはもちろん、不動産鑑定評価を受ける意味も大きいことを覚えておいた方がよいでしょう。

弁護士・会計士・税理士事務所様等の各士業様と提携しております。

各士業様との提携について

東京システム鑑定は、お客様の不動産を正しく評価するプロ集団です。不動産鑑定のご相談はぜひ私たちにおまかせください!

フリーダイヤル 0120-519-513

お問い合わせ・ご相談はこちらまで