HOME > コラム・不動産鑑定評価をもっと良く知るために > 相続に関係する不動産鑑定評価 > 相続で不動産鑑定評価が必要な理由とは

相続で不動産鑑定評価が必要な理由とは

● 相続時に不動産鑑定評価が必要な理由 相続時に不動産鑑定評価が必要な理由
不動産を相続する際は、不動産鑑定評価が必要です。
相続時に不動産鑑定評価が必要な理由を知らない人も多いのではないでしょうか。
相続は何度も経験するわけではありません。
そのため、何が必要になるのか分からないことも多いはずです。
不動産鑑定評価が必要な理由は、公平に遺産分割するためです。
それだけでなく、代償分割の価格を決める際や、遺留分減殺請求をしたい時にも不動産鑑定評価が必要になります。
代償分割とは、遺産を分割する際に相続人同士で遺産を現物で取得し、その取得者が他の相続人に対して債務を負担するものです。
現物の分割ができない不動産では、代償分割が用いられることが多くあります。
また、最低限の資産の分配が確保されていることを遺留分と言いますが、それを請求する権利のことを、遺留分減殺請求と言います。
不動産を遺留分減殺請求する際にも不動産の適正な価格を表示するために、不動産鑑定評価が必要です。

● 不動産鑑定士による不動産鑑定評価の必要性 不動産鑑定士による不動産鑑定評価の必要性
不動産の価値、価額の鑑定は、宅建業者に依頼することができますが、それぞれの業者の思惑や地域への精通度合い、担当者との相性で左右される可能性があります。
不動産鑑定士による不動産鑑定評価であれば、経済合理性に基づいたデータと中世中立の立場から適正な価値、価額を鑑定することが可能です。
相続問題で裁判に発展する可能性がある場合は、不動産鑑定評価が裁判で有効な資料となるため、ミスがあってはいけません。
ミスがある不動産鑑定評価を相手から指摘されると、裁判が不利に進むことがあるため、不動産鑑定士に不動産鑑定評価を依頼することが大切です。
相続とは関係なく、単に不動産の価格を知りたいだけであれば、不動産鑑定評価書は必ずしも必要ではありません。
また、不動産屋による無料査定では厳密な価格ではないため、公的な証明書となりません。
証明書として不動産鑑定評価書を提示する場合は、費用がかかりますが専門家による不動産鑑定評価を依頼してください。
このように、相続時に不動産鑑定評価が必要な理由が様々あります。
相続問題をスムーズに解決するためにも、不動産鑑定士に依頼してみてはいかがでしょうか。

弁護士・会計士・税理士事務所様等の各士業様と提携しております。

各士業様との提携について

東京システム鑑定は、お客様の不動産を正しく評価するプロ集団です。不動産鑑定のご相談はぜひ私たちにおまかせください!

フリーダイヤル 0120-519-513

お問い合わせ・ご相談はこちらまで