HOME > コラム・不動産鑑定評価をもっと良く知るために > 相続に関係する不動産鑑定評価 > 相続評価と鑑定評価

相続評価と鑑定評価

● 不動産鑑定評価とは? 不動産の相続については、難しい言葉が多く自力で調べようと思っても理解するのが難しいです。
相続については専門的な言葉が多いので、専門用語を理解する必要があります。
自力で調べるのが難しいと思ったら、専門家の不動産鑑定士と土地家屋調査士に相談しましょう。
国家資格者である不動産鑑定士であれば、相続を検討している土地を適切に判断してくれます。
また、相続をする際の、ものさしとして相続評価や不動産鑑定評価、価格査定といったものがあります。
似たような言葉ではありますが、意味が違います。
不動産会社などが無料査定をしてくれるものが価格査定で、無料で気軽に相談ができるので敷居は低いです。
さらに、実際に金額を提示してくれるので参考になるでしょう。
価格査定はあくまでも概算のため、第三者機関である税務署や裁判所では使用できないケースがあります。
取得者が適切な価格を検討するのであれば、相続評価や不動産鑑定評価で検討するのがおすすめです。

● 広大地は税額が違う? 相続の取得者になった場合、評価をどのようにするかによって取得者の金額も変わってきます。
不動産鑑定士が判断をする不動産鑑定評価は、様々なパラメーターによって変化していくのです。
また、国家資格である不動産鑑定士であっても、不動産鑑定評価に違いがでてくることがあるでしょう。
相続の金額は様々な要因によって変化し、国家資格者である不動産鑑定士であっても、どのような要因を計算式に入れるかで取得者の金額に変化が出てきます。
不動産鑑定評価は市場動向なども加味する傾向があり、不動産鑑定士の恣意性が介入する可能性があるでしょう。
相続評価は、あくまでも相続税に対しての金額なので公平性が強い金額です。
さらに、広大地といったケースだと判断も変化してきます。
広大地と認定されると税額も変化する為、広大地の取得者の場合は、広大地についての知見がある専門家に相談することがおすすめです
広大地に特化した対応してくれる所もあるため、相談相手をきちんと選ぶと良いでしょう。

弁護士・会計士・税理士事務所様等の各士業様と提携しております。

各士業様との提携について

東京システム鑑定は、お客様の不動産を正しく評価するプロ集団です。不動産鑑定のご相談はぜひ私たちにおまかせください!

フリーダイヤル 0120-519-513

お問い合わせ・ご相談はこちらまで