HOME > コラム・不動産鑑定評価をもっと良く知るために > 相続に関係する不動産鑑定評価 > 相続税対策の不動産購入と不動産鑑定評価

相続税対策の不動産購入と不動産鑑定評価

● 相続税対策のために不動産購入をする 故人が亡くなった場合、相続人が遺産を相続することになります。
しかし厄介なのは相続税の存在で、ケースによっては莫大な金額の相続税の支払いが待ち受けていることも珍しくありません。
ですからあらかじめ相続税対策をしている人もいますが、その一環として不動産購入をする場合もあるでしょう。
一般的には現金、預貯金として資産を所有していることが多いのですが、その方法だと節税効果は期待できません。
おすすめの方法としては、その現金や預貯金であらかじめ不動産を購入しておき、その不動産を相続させるというものです。
相続の際には評価額が重要な意味を持ってきて、その評価額に応じた相続税の支払いが必要です。
現金を5000万円持っていた場合、評価額は当然5000万円です。
しかし5000万円分の不動産を購入してそれを相続する際には、評価額が安く設定されるでしょう。
ということは、相続税対策にもなりますので、今この方法が注目されています。
ただしその不動産の評価額を証明する必要があるでしょうから、その際に不動産鑑定評価を用いて評価額を把握することが大事です。

● 相続税対策と不動産鑑定評価について 相続税対策というのはとても難しいことだと思われがちですが、少しの工夫で実践できることもあります。
多少の知識が必要なので専門家にアドバイスをもらうケースも出てくるかもしれませんが、相当な金額の相続税対策が行えることもあるでしょう。
まずは今ある現金や預貯金などの資産で不動産を購入した方が良いのかをきちんと見極めなければいけません。
その時に不動産鑑定評価を取得していると、どちらが税金面でお得なのかを把握しやすいでしょう。
確かに不動産を購入することによって相続税対策ができるケースもありますが、相続以外の事柄についても考えて購入などする必要があります。
そういった時には、不動産鑑定評価を重要視したいです。

弁護士・会計士・税理士事務所様等の各士業様と提携しております。

各士業様との提携について

東京システム鑑定は、お客様の不動産を正しく評価するプロ集団です。不動産鑑定のご相談はぜひ私たちにおまかせください!

フリーダイヤル 0120-519-513

お問い合わせ・ご相談はこちらまで