HOME > コラム・不動産鑑定評価をもっと良く知るために > 相続に関係する不動産鑑定評価 > 相続した旅館の不動産鑑定評価について

相続した旅館の不動産鑑定評価について

● 旅館の適正な価値の提示は難しい? 旅館を相続する際には、様々な悩みを抱えるのではないでしょうか。
その1つに、相続する旅館の不動産鑑定評価があります。
これから旅館を相続する予定のある人や、既に相続したという人は、不動産鑑定評価について知っておきましょう。
旅館の不動産鑑定には、建物そのものの価格だけではなく、将来の可能性やポテンシャルを含めた価値を明確にする必要があります。
旅館の基となっている不動産の適正な経済価値を提示することは、非常に困難です。
市場における将来の動向を予測し、不動産鑑定評価をする必要があります。
また、相続する旅館の経営環境や運営状態も、定期的に確認する必要があるでしょう。
旅館は、お客様のニーズや、顧客セグメント自体の変化が激しいです。
外部環境を考慮し、現状の運営計画や組織体制がどれほどの価値を生み出すのかを確認する手段として不動産鑑定評価を行う必要があり、定期的に不動産鑑定をすることで、健全化を損なうことなく投資や経営が行えるようになるでしょう。

●旅館を不動産鑑定する際のポイント 旅館を不動産鑑定評価するにあたってのポイントは、収益を出すときに借入利息は費用に含まれないことや、減価償却費も費用としてみないことです。
また、損益計算書の営業利益が出ているかどうか、建物の修繕状況や設備更新状況、観光地全体の観光客の推移や状況も、不動産鑑定評価をする上での大切なポイントになります。
旅館などの価値は、合法的な最高最善の使用方法を前提に、求められる価値をベースとします。
敷地の最有効使用は何か、また敷地の潜在的用途と建物用途が合致しているかどうかを調査することは、旅館においても重要な調査項目です。
旅館のサービスは、目には見えない価値があります。
規模や料金設定によっても異なりますが、支払う金額に見合った満足を与えることができるかは、旅館の瀬印西的収益性の源泉として非常に重要です。
目に見える建物だけでなく、人的サービスや提供する組織運営などの品質を調査し、不動産鑑定評価を行います。
相続した旅館を不動産鑑定することは様々な目的があり、売買や担保評価の参考、資産価値の把握をして正常価格を示すことが可能です。
相続した旅館を不動産鑑定してみてはいかがでしょうか。

弁護士・会計士・税理士事務所様等の各士業様と提携しております。

各士業様との提携について

東京システム鑑定は、お客様の不動産を正しく評価するプロ集団です。不動産鑑定のご相談はぜひ私たちにおまかせください!

フリーダイヤル 0120-519-513

お問い合わせ・ご相談はこちらまで