HOME > コラム・不動産鑑定評価をもっと良く知るために > 相続に関係する不動産鑑定評価 > 相続問題の際の不動産鑑定士とは

相続問題の際の不動産鑑定士とは

● 不動産鑑定士は相続問題の際にも力になる存在 被相続人が亡くなると、相続人が遺産を相続することになりますが、ただ単に相続人の所有していたものを受け継ぐだけではなく、価値に応じて相続税の支払い義務が生じます。
最近では控除制度などもありますが、現金や預貯金、証券のように価値がわかりやすいもの以外も相続をすることが増えているのです。
例えば、マンションや一戸建て住宅などもそれに該当します。
不動産に関する相続税の支払いの際には、評価額によって金額が決められることになり、財産評価基本通達で規定されています。
定められている評価の仕方で、相続税額が割り出されることになりますが、その結果に納得できないと感じる人も少なくないでしょう。
不動産鑑定評価は、用いる評価方法によって変わり、事細かにしっかりと評価計算を行うことによって相続税額の節税に繋がることがあります。
しかし、不動産鑑定評価を自分自身で行うことは難しいケースもあるため、通常は不動産鑑定士に依頼をして、正しい不動産鑑定評価出してもらうことになるでしょう。
相続に関することは複雑なため、支払う税金の金額にも関わるので十分注意が必要です。

● 不動産鑑定士による不動産鑑定評価によって相続税の節税を 不動産鑑定士が不動産鑑定評価を行って具体的な評価額を算出した場合、それを税務署など、管轄している官庁に伝えましょう。
その際に、不動産鑑定士がしっかりと評価を行ったという証明があると、支払うべき相続税の金額が減ることもあり得ます。
不動産鑑定士は、国家資格所有者で専門的知識を有しており、一般の人が評価額の算出を行うよりも説得力があるのは当然のことかもしれません。
相続問題においては様々なトラブルの可能性もあり、専門知識を持っている専門家に頼ることで、自分の利益をしっかりと確保しやすいです。
不動産の相続をする際には、専門知識のある不動産鑑定士の力を借りましょう。

弁護士・会計士・税理士事務所様等の各士業様と提携しております。

各士業様との提携について

東京システム鑑定は、お客様の不動産を正しく評価するプロ集団です。不動産鑑定のご相談はぜひ私たちにおまかせください!

フリーダイヤル 0120-519-513

お問い合わせ・ご相談はこちらまで