HOME > コラム・不動産鑑定評価をもっと良く知るために > 相続に関係する不動産鑑定評価 > 相続での空き家を不動産鑑定評価するメリット

相続での空き家を不動産鑑定評価するメリット

● 不動産の価格は評価で変えることができる 不動産の価格は評価で変えることができる
空き家を相続した場合にはまず不動産鑑定評価を専門業者に依頼すべきといえます。
ほかの相続財産と異なるのは相続人同士で分けることができない、あるいは価格が特定しにくいということです。
価格が高額であることが相続人同士で揉める原因にもなりかねません。
放置してしまうと時間管理がおろそかになって価値も下がってしまいます。
相続人同士で揉めないためには不動産を売却して売却代金を持ち分に応じて分割することです。
さらに、売却できない場合はほかの相続人に賠償金を支払い、不動産を取得するのも有効です。
買い手がなくて売却できない、あるいは代償金を支払えないといった問題を解決するためにまずは正しい不動産鑑定評価をはっきりさせないといけません。
そして、相続税を節税するためには不動産であることが条件となります。
不動産の価格は評価によって変えることができるため、不動産鑑定評価を専門業者に依頼する意味は大きいです。
空き家不動産の時価を把握していないことが売却したいと思っても売買成立可能価格の判断ができない理由になります。

● 今後使用することまで判断して適格な評価を下す 今後使用することまで判断して適格な評価を下す
相続での空き家を不動産鑑定評価するメリットのひとつとなるのが、今後使用することまで判断して適格な評価を下すことにあります。
仮に倉庫であった場合も、倉庫地としては評価しません。
住宅地として評価していき、解体撤去費用も含めて土地建物一体としての評価もできます。
空き家であるから高く評価されないと考えるべきではなく、今後どういった使用するかまで含めての評価をしてくれる専門業者に不用品回収業者に依頼するのが望ましいです。
円満な相続をするためには相続税対策が必要であり、余計な相続税を納めることがないようにしないといけません。
空き家であるからこその難しさはあるものの、まずは正しい不動産鑑定評価を把握したうえで対応することを念頭におきましょう。

弁護士・会計士・税理士事務所様等の各士業様と提携しております。

各士業様との提携について

東京システム鑑定は、お客様の不動産を正しく評価するプロ集団です。不動産鑑定のご相談はぜひ私たちにおまかせください!

フリーダイヤル 0120-519-513

お問い合わせ・ご相談はこちらまで