HOME > コラム・不動産鑑定評価をもっと良く知るために > 相続に関係する不動産鑑定評価 > 相続税対策の賃貸住宅経営や貸しビル経営と不動産鑑定評価

相続税対策の賃貸住宅経営や貸しビル経営と不動産鑑定評価

● 相続税対策を実現させるために

相続税対策を実現させるために


故人が亡くなると所有していた各種財産をその相続人が引き継ぐことになりますが、その際に問題になるのが相続税です。
特に故人が資産家であった際には、かなりの相続税が課されることになるでしょう。
何とかして相続税対策をしようとしている人はたくさんいますが、生前に賃貸住宅や貸しビルを建てておくのも有効な相続税対策の方法となります。
その理由は相続税額が決定する仕組みにあり、非課税分があるのでややこしいですが、遺産額を算定してその遺産額に基づいた相続税が課されることになります。
現金や預貯金は実際に所有している金額分が遺産額として計算されますが、不動産に関しては評価額が計算に使用されます。
しかし不動産の評価額というのは、土地だけの場合よりも賃貸住宅や貸しビルなどを建てているほうが、評価額が安くなるでしょう。
ということは、それによって相続税対策ができますから、多くの現金や預貯金、そして土地がある場合にはできるだけ早めに賃貸住宅や貸しビルを建てるのも賢い方法かもしれません。

● 賃貸住宅などによって相続税対策をするならば不動産鑑定評価をすべき

賃貸用の敷地で相続税対策


賃貸住宅や貸しビルを賃貸収入目的のみの理由で建築する場合は、必ずしも不動産鑑定評価はしなくても良いかもしれませんが、相続税対策のための場合は不動産鑑定評価をしておくべきでしょう。
しっかりと評価額を把握することで、より賢く支払うべき相続税を減らすことができるでしょう。
もしどこかからお金を借りて賃貸住宅や貸しビルを建てるのであれば、返済が厳しくなって立ち行かなくなる可能性もあるので注意が必要です。
甘く考えずに慎重に行動をすることも重要ですが、そのためには不動産鑑定評価が不可欠かもしれません。
相続税対策のために様々な方法が用いられていますが、人それぞれの状況によって向き不向きもあります。
またきちんとした相続税対策をするのであれば専門業者に頼ることも必要でしょう。

弁護士・会計士・税理士事務所様等の各士業様と提携しております。

各士業様との提携について

東京システム鑑定は、お客様の不動産を正しく評価するプロ集団です。不動産鑑定のご相談はぜひ私たちにおまかせください!

フリーダイヤル 0120-519-513

お問い合わせ・ご相談はこちらまで