HOME > コラム・不動産鑑定評価をもっと良く知るために > 相続に関係する不動産鑑定評価 > 農地や山林を相続する際に重要となる不動産鑑定評価

農地や山林を相続する際に重要となる不動産鑑定評価

● 農地や山林の相続時にも不動産鑑定評価を 納税は国民の義務ですが、相続税は税率が高く、多くの人が困ってしまいがちです。
いかにして支払うべき相続税の金額を減らすかが重要になるのですが、専門的知識を有していない人にとって、これはとても難しいことです。
現金や預貯金などであれば計算も行いやすいのですが、不動産物件の場合にはどういった計算式で相続税額が決まるのか、把握していない人も少なくありません。
支払うべき相続税を減らす目的で、不動産鑑定評価を不動産鑑定士に依頼するということは、賢い方法だと思われます。
あまり知られていませんが、不動産価格を決める方法は複数存在しています。
どの価格決定法を用いれば良いのかなどについても、信頼できる不動産鑑定士に相談をしたいところです。
特に農地や山林などについては、不動産鑑定評価を是非ともすべきだと言われています。
農地や山林というのは自分の所有物であったとしても、具体的に把握されていないことが多いので注意が必要でしょう。

● 農地や山林を相続する際にも不動産鑑定評価をして相続税対策を 多くの場合、相続税を納めることに負担を感じて、少しでも相続税額をおさえるために、あらゆる方法で節税に臨んでいます。
被相続人から譲り受ける財産の中に不動産がある場合には、不動産鑑定評価が勧められます。
中でも農地や山林のように不便であったり、田舎に存在している場合には、積極的に専門家に相談をしてみるべきです。
これを行わないと高い相続税額を納めることになりかねませんので、十分に注意してください。
相続を受ける機会は一生のうちに何度もあるものではありませんから、どうしても知識不足のために損をしてしまうケースが多いのです。
それを避ける意味でも、農地や山林の相続で少しでも節税をしたいのであれば、不動産鑑定評価の専門家である東京システム鑑定にご相談ください。

弁護士・会計士・税理士事務所様等の各士業様と提携しております。

各士業様との提携について

東京システム鑑定は、お客様の不動産を正しく評価するプロ集団です。不動産鑑定のご相談はぜひ私たちにおまかせください!

フリーダイヤル 0120-519-513

お問い合わせ・ご相談はこちらまで