HOME > コラム・不動産鑑定評価をもっと良く知るために > 相続に関係する不動産鑑定評価 > 相続時における不動産鑑定評価の必要性

相続時における不動産鑑定評価の必要性

● 同一のものが存在しない不動産と相続 同一のものが存在しない不動産と相続
不動産は、同一のものが存在しません。
唯一無二の存在であるという特殊性を持っています。
大量生産できるようなものとは異なり、価格を一定に定めることが難しいのも性格といえるでしょう。
実際に需要と供給が価格に大きな影響を与え、個別取引に影響を与えていきます。
お互いが納得した時に取引価格が決定される以上、適正な価格の設定が難しい側面も持っています。
相続を考えると、不動産の価格を判定していかなければいけません。
扱いとして考えても、評価額を算出しなければ、相続ができなくなるからです。
ところが、不動産には複数の価格が存在してしまうことが問題であります。
そこで、不動産鑑定評価の必要性が出てきます。
適正な経済的な価格を判定することによって、相続をスムーズに進めることができるようになります。
専門家による不動産鑑定評価を活用できれば、時価になる土地の価格は安定して判別できるようになるでしょう。
相続に対して必要性の高い方法である所以です。

● 不動産鑑定評価の証明書の必要性 不動産鑑定評価の証明書の必要性
不動産鑑定評価の必要性は、公平な遺産分割を考えた場合、相続人間で同意を得るということでもなくてはなりません。
第三者による中立な不動産鑑定評価になってくるため、不公平を生じにくくなります。
証明書を発行させることによって、説得力も高まるでしょう。
不動産の客観的な価値を適正に証明するという点でも、不動産鑑定評価の証明書が重要になってきます。
これが、相続時の税金に対して修正ができるようになるからであります。
相続税の還付といったときにも過大となっている場合があり、更正の請求をするためにも証明書が必要になるからです。
相続においても、さまざまなケースが考えられるため、不動産鑑定評価は必須のものといえます。
再暗闘でも広く活用されることになるのは、国家資格者である不動産鑑定士がおこなうからです。
独占業務であり、公的機関でも利用されていることを考えれば、不動産鑑定士が作る証明書の必要性と有用性がわかるでしょう。

弁護士・会計士・税理士事務所様等の各士業様と提携しております。

各士業様との提携について

東京システム鑑定は、お客様の不動産を正しく評価するプロ集団です。不動産鑑定のご相談はぜひ私たちにおまかせください!

フリーダイヤル 0120-519-513

お問い合わせ・ご相談はこちらまで